金利による住宅ローンの借り換え

住宅ローン 借り換え 比較

住宅ローンは一度借り入れをしたら、そのまま最後まで払い続けるもの。

そう思っている人も多いでしょう。

しかし、住宅ローンの借り換えをする人は、年々増えてきています。

特に近年その増加傾向は大きく、もはや住宅ローンの借り換えは常識ともいえるほどです。

住宅ローンは大きく分けると、変動金利型、固定期間選択型、全期間固定金利型の3種類があります。

その中で、借り換えを希望する人の多くが、変動金利型への借り換えを選択しています。

近年、不景気が続き、低金利の期間が長く続いています。

そのため、当分の間、金利は大きく変わらないだろうというのが、変動金利型に借り換えをする理由のようです。

また、他にも「金利が低くなるから」「返済額が少なくなるから」という理由が挙げられています。

何年か前と比較すると金利は低くなっているため、固定金利型や固定期間選択型の借り入れをしていた人は、ほとんどの場合、変動金利型に借り換えることによって金利が低くなります。

もちろん金利が低くなるということは、それと同時に返済額も少なくなるということです。

3年固定や10年固定で、引き下げ幅の大きいタイプの住宅ローンを選んでいた人は、その固定期間が切れると、適用金利が上がってしまいます。

そのため、それを借り換えのタイミングとして考えている人も多いようです。

もし今現在、固定金利型や固定期間選択型の住宅ローンの借り入れをしている人は、一度見直してみると、前と比較して返済額が少なくなるかもしれません。

関連記事