変動金利の住宅ローン

住宅ローン 借り換え

将来の金利変動が予想できない場合は変動金利ではなく固定金利で住宅ローンを組む方がいいと言われています。

それでも変動金利の住宅ローンを選ぶ人は多いのはどうしてでしょうか。

経済の流れを見ていれば、これからの数年間の動向はおおよそわかります。

もちろん、100%ではありませんが、大きく変わることはないと考えていいでしょう。

そこで最初の数年間は変動金利を適用して、その後固定金利に移行するタイプの住宅ローンもポピュラーなものになりました。

これから借り換えを考えている人は、変動金利にするか固定金利にするか悩ましいところですね。

さて、変動金利を選択した場合の返済額について説明しましょう。

これは借り換えでも新規の住宅ローンでも同じです。

変動金利の場合は、金利が上昇すると返済額は増加し、金利が下降すると返済額は減少します。

しかし、返済額は一定になるようにしている銀行がほとんどです。

もちろん、金利の上下に応じて返済総額は上下しています。

しかし、毎月の返済額が変動すると、家計の計画が立てにくくなると考えられるために、一定額に設定されているのです。

この処置は一見よさそうに見えますが、実は勘違いの元なのです。

つまり、金利が上昇して、返済額が増加しているにも関わらず、毎月の返済額が変わらないため、何も気づかないのです。

返済期間が延びるため、ローンの完済がいつまでも訪れないと言うことになります。

一般的には借り入れ総額が少ない場合や、10年未満の返済期間の時に変動金利を選択することがいいと言われています。

関連記事
  • 住宅ローンの審査

    銀行では住宅ローンを組む時、借り換えを申し込む時に審査があります。審査によって希望する借り換えができるか決まるのです。自分の年収や年齢などちょっと心配になる人も ...

    2017/05/28

    住宅ローン 借り換え

  • JAの住宅ローン

    JAの住宅ローンは銀行と違って、各県のJAによってプランが異なっています。したがって、自分が利用しているJAで実際の金利などを確認する必要があります。また、地域 ...

    2017/05/26

    住宅ローン 借り換え

  • りそなの住宅ローン

    りそな銀行の住宅ローンです。借り換えを考えている人のために、りそな借り換えローンがあります。借り換えローンを利用するためには条件が設定されています。これから住宅 ...

    2017/05/25

    住宅ローン 借り換え