固定金利と変動金利のメリット・デメリット

住宅ローン 借り換え 比較

住宅ローンを借り入れする上で、大きな考えどころとなるのが、変動金利か固定金利かという選択です。

このままずっと不景気が続くとなれば変動金利の方がいいのですが、確実にそうであるという保証はありません。

現在の固定金利は、フラット35で3.0%から3.2%と、昔と比較するとかなりの低金利です。

10年ほど前が5.5%でしたので、その当時に住宅ローンを借り入れした人からすると、だいぶ安くなったと感じるのではないでしょうか。

固定金利のメリットは、金利が変わらないことにあります。

そのため、ローンを組んだときに毎月の支払額や合計の返済額が分かるため、計画も立てやすくなります。

一方、変動金利は金利がどうなるか分からないため、常に金融機関などの動きを気にする必要が出てきます。

しかし、現状の金利が続くようなら、固定金利と比較して変動金利の方が返済総額は安くなるでしょう。

これから住宅ローンの借り換えを検討している人もいることでしょう。

今後は消費税が増税され、社会保険料なども引き上げられます。

そうなると、あまり景気がよくなるという感じはありません。

そのため、今後も大幅に金利が上がるということは考えにくいということを踏まえ、これから借り換えをするという人は、変動金利にした方がいいかもしれません。

また全額を変動金利にするのが不安という場合、銀行によっては半分を固定金利、残りを変動金利にすることもできます。

これだとそれぞれのメリットを活かせるので、1つの方法として検討する価値があるでしょう。

関連記事