債務整理後の住宅ローン

債務整理 住宅ローン

債務整理をすると信用情報にそのことが記載されます。

新たに住宅ローンなどを組もうとすると、その時点で断られることになります。

現在の年収や住宅ローンの内容などと関係なく、ローンを組むことができないのです。

それは債務整理をしたと言う事実があなたの金銭感覚を疑うべきだと言う理由になるからです。

住宅ローンを組んでも、いずれ返済不能になってしまう可能性が高いと考えられます。

銀行としてはそのようなリスクを無視するわけにはいかないでしょう。

債務整理をしてから5年以上が経過しないと住宅ローンを組むことができないと言われていますが、ケースによっては10年待たなければなりません。

しかし、住宅が欲しいと思うタイミングは自分の年齢や子どもの年齢に関係しています。

10年も待てないと思ってしまうのでしょう。

住宅ローンの審査を通りやすくするために、何かできることがあるのでしょうか。

まずは貯金を殖やすことです。

住宅ローンの頭金に回します。

頭金が多ければ、必然的に借金は少なくなります。

住宅ローンは長期的な借金ですから、10年後にあなたの年収が変わらない保証はありません。

仕事の内容なども住宅ローンの審査では見られます。

将来性のある企業なら何の問題もないでしょう。

夫婦共働きであれば、年間100万円以上を貯めることも可能です。

地道に働くことを考えましょう。

債務整理後に何とかして住宅ローンを通すことばかりを考えてはいけません。

借金がなくなってから、新しい借金をすべきでしょう。

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン