債務整理の法律

債務整理 住宅ローン

債務整理をした方がいいとアドバイスを受けた場合にはできるだけ早く処理をすべきでしょう。

もちろん、そのためには法律に詳しい知人や弁護士などに相談してください。

その当てがない場合はインターネットで無料の相談を受け付けているサイトがありますから、積極的に利用しましょう。

債務整理をすると、その後数年間は住宅ローンなどを組むことができません。

新たな借金ができないと言うことです。

これは借金が多すぎてどうしようもなくなったために債務整理をしたのですから当然の処置でしょう。

ただ、債務整理には4種類の方法があります。

どれがいいかは個別の状況によって変わってきます。

法テラスで相談してみましょう。

法テラスは国が設立した法律のトラブル相談所です。

インターネットで検索してみるとすぐにヒットするでしょう。

債務整理だけではなく離婚調停や相続に関するトラブルなど、どんなことでも相談できます。

さて、債務整理を進める場合、任意整理、破産手続、個人再生手続、特定調停があります.具体的な手順は省略しますが、借金が返せない状況となっているなら利息が増えないように迅速な処置が必要でしょう。

弁護士などに相談することで、適切な手続きをしてくれるでしょう。

もちろん、裁判所などでの手続きが必要となるケースもありますから、指示されたことを確実に行うことが大切です。

借金漬けになってしまわないように、堅実な生活を送ることが大切です。

そのためにはこれまでの生活を改めることから始めましょう。

いずれは住宅ローンも問題なくなります。

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン