債務整理の問題

債務整理 住宅ローン

債務整理とは自分の借金が返せなくなってしまった時に手続きをすることです。

これにより返済が滞って利子が増えていく状況を避けることができます。

問題は借金をした時から始まっているのですが、すでに多重債務に陥っている状況では手遅れです。

したがって、自己破産や任意整理が必要となります。

大きな社会問題となった過払い金については弁護士と相談して利子の返還を求めることができます。

借金が減るのですから、少しの金額でも請求すべきでしょう。

自己破産は返済のめどが立たなくなったために、すべての資産を没収されて、その代わり借金を帳消しにしてもらう法律上の手続きです。

当然ながら住宅ローンなどを組むことはできません。

自分にお金がないのですから、新たに住宅ローンを組めるはずがありません。

過去に借金で過ちを冒した人は将来においても同じ失敗をすると考えられています。

そのためにブラックリストがあるのです。

ブラックリストから名前が消えるまでは5年から10年くらいかかると考えられています。

将来て金住宅ローンを組むつもりなら、借金をしないことでしょう。

自分だけの借金ではなく、家族の借金も影響します。

自分が保証人となっているケースがあるからです。

まずは問題点を整理しましょう。

その上で弁護士に相談するのです。

ただ、問題点を簡単に整理できる人は多重債務者になることはありません。

債務整理をしたなら、自分の行動が債務整理の原因だと考えてください。

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン