債務整理のデメリット

債務整理 住宅ローン

多重債務などに陥って、借金が返せなくなってしまう人が少なくありません。

自分の年収に対して過度の借金をしてしまうことが原因です。

その対策として債務整理があります。

債務整理をするとデメリットがあると言われていますが、それはブラックリストに名前が載ってしまうことです。

そのため住宅ローンやクレジットなどを組むことができなくなります。

住宅ローンを組むことは長期の借金をすることです。

債務整理をしたのですから、新たな借金ができないことは当然ですから、デメリットと考えるべきではありません。

それよりも借金地獄から抜け出すことで切るメリットの方がはるかに大きいでしょう。

借金を続けていても、返せる当てはありません。

一生かかっても返せないのですから、そのような人生を送りたいと思うのでしょうか。

債務整理の手続き自体も面倒かもしれません。

裁判所に出かける必要もあります。

ただ、一時的なことですから、我慢しなければなりません。

それができないなら、借金などすべきではありません。

自分が蒔いた種であり自分で刈り取らなければならないのです。

まずは弁護士などに相談することから始めましょう。

具体的な手続きそのものは弁護士に任せればいいのです。

インターネットが利用できるなら、法テラスで相談してみましょう。

債務整理のための手数料を払わなければなりませんが、トータルで見れば借金が減るのですから、デメリットはありません。

住宅ローンは生活が安定してから考えなければなりません。

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン