債務整理と住宅ローン

債務整理 住宅ローン

債務整理とは借金が返せなくなってしまった時に行われる法律上の手続きのことです。

あなたにお金がないことを証明しているようなものですから、住宅ローンを組むことは現実的ではありません。

つまり、日常生活がギリギリの状態であり住宅ローンを組んで毎月返済して行く当てがあるはずがないのです。

それでも債務整理が終わって、住宅ローンを考えている人がいます。

本来、住宅ローンは何十年も地道に働き、収入が確実な人が組むローンです。

不安定な収入であれば審査にパスしません。

ただ、債務整理をきっかけとして、改心してまじめに働き出した人なら、金額にもよりますが住宅ローンを組む余裕ができるかもしれません。

しかし、残念ながらあなたのまじめさだけでは住宅ローンはパスしないのです。

それは債務整理をしてから5年ないし10年間は住宅ローンを始め、クレジットカードなどを作ることができません。

信用情報にあなたの名前が記載されるからです。

いわゆるブラックリストです。

このリストから名前が消えない限り、住宅ローンを組むことができません。

少しでも余裕が出てきたと思えるならば、貯金をしておくことが一番です。

現金を貯めれば、住宅を購入することも夢ではありません。

世の中には借金をしても、何とも感じない人がたくさんいます。

とうとう借金を返せなくなって、債務整理となるのです。

債務整理にはいくつかの方法があり、あなたの実情に合わせて選ぶことが重要です。

弁護士と相談しながら決めましょう

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン