債務整理とブラックリスト

債務整理 住宅ローン

ある人がどのような借金をしているかの情報は信用情報機関のデータです。

いわゆるブラックリストです。

借金が払えない人にお金を貸す人はいませんから、ブラックリストに記載されている人は住宅ローンなどの借金をすることができなくなります。

ブラックリストに記載される人は、債務整理などを行った経歴がある人です。

一度ブラックリストに掲載されると少なくても5年間は消されません。

したがって、債務整理後5年間は住宅ローンが組めないと言うことを意味しています。

自分の情報がどうなっているかを問い合わせること可能です。

信用情報機関は一つの企業ではなく、いくつかの会社があります。

日本信用情報機構、シーアイシー、全国銀行個人信用情報センターなどです。

借金返済が滞っている場合は、延滞している間、氏名が記載されます。

延滞が解消されても、その後1年間は登録されたままになります。

自己破産や個人再生なども債務整理の一種ですから、5年間は登録されたままになります。

ただ、信用情報機関によって、細かい規程があります。

一律に5年と決められているわけではないのです。

ただ、債務整理をすると新たな借金ができにくくなることは間違いありません。

せっかく債務整理をしたのですから、しばらくは借金に追われない生活を送ることが重要です。

ブラックリストはまじめに働いている人の情報を載せているわけではありません。

借金は計画的に返済できるレベルで押さえておくことが重要です。

関連記事
  • 債務整理と過払い金

    過払い金を知っていますか。法律で決められた利息を越えた借金をしている場合、過払い請求をすることによって払い過ぎた借金を返還してもらうことができます。自分の場合は ...

    2017/08/17

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と自己破産

    自己破産とは借金をなくしてしまう代わりに、自分の資産をすべて失くすことです。つまり、無一文になるのです。もちろん、まったくお金がなければ食事をすることもできませ ...

    2017/08/16

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と任意整理

    債務整理で悩んでいる人の中には裁判所などで手続きをすることを心配している人もいます。裁判所は犯罪者が裁かれるための場所と言うイメージが強いからでしょう。また、借 ...

    2017/08/15

    債務整理 住宅ローン

  • 債務整理と生活

    債務整理をするまでは毎月の借金の返済に苦しんでいる人が多いようです。しかし、弁護士事務所で相談して、債務整理をすることを決めたならば、その借金地獄から抜け出すこ ...

    2017/08/13

    債務整理 住宅ローン