住宅ローン返済

住宅ローン 借り換え

住宅ローンは返済期間が長いため、その途中においては、経済の大きな変化が待ち受けていることが少なくありません。

実際に住宅ローンの返済ができなくなって、破たん状態に近い家庭も少なくないと言われています。

住宅ローンの借り換えを考えるのでしょうが、すでに破たん状態にあるのであれば、借り換えも簡単ではありません。

もちろん、少しでも返済額が少なくなるのであれば、手続きを進めるべきでしょう。

アメリカのリーマンショックによって日本経済も打撃を受けました。

予定していた給料の増加があるどころか、給料の減少となってしまったのです。

念願のマイホームを購入すべく、限度額いっぱいの住宅ローンを組んでいる人も少なくありません。

給料の減少は深刻です。

サラリーマンが組むことができる住宅ローンは年間返済額が年収の35%までです。

おのずと上限があります。

しかし、年収の35%がローンの返済として続くのですから、いつまでも余裕はありません。

リストラに遭ってしまうと、そこで人生計画は大きく狂ってしまうのです。

住宅ローンを購入することをあきらめると言う選択肢もあります。

しかし、すでに買ってしまったものはどうしようもありません。

何とか、夢をあきらめずに頑張るしかないのでしょう。

経済が好転して、少しでも給料が上がることを願うだけですね。

住宅ローンの借り換えで大きなメリットがあるわけではありません。

返済額を計算して、返済計画を練り直しましょう。

関連記事
  • 変動金利の住宅ローン

    将来の金利変動が予想できない場合は変動金利ではなく固定金利で住宅ローンを組む方がいいと言われています。それでも変動金利の住宅ローンを選ぶ人は多いのはどうしてでし ...

    2017/05/29

    住宅ローン 借り換え

  • 住宅ローンの審査

    銀行では住宅ローンを組む時、借り換えを申し込む時に審査があります。審査によって希望する借り換えができるか決まるのです。自分の年収や年齢などちょっと心配になる人も ...

    2017/05/28

    住宅ローン 借り換え

  • JAの住宅ローン

    JAの住宅ローンは銀行と違って、各県のJAによってプランが異なっています。したがって、自分が利用しているJAで実際の金利などを確認する必要があります。また、地域 ...

    2017/05/26

    住宅ローン 借り換え