住宅ローンの金利

住宅ローン 借り換え

住宅ローンの金利はその時の社会経済の状況によって変わってきます。

現代のような超低金利時代においては、貯金の金利も低いですから、住宅ローンなどの借り入れ金利も低くなっています。

それでも、少しでも金利の安い住宅ローンを求める人は少なくありませんから、ローンの借り換えをすることになります。

住宅ローンの借り換えをする場合、現在の住宅ローンよりも有利な条件であることが大前提です。

ただ、住宅ローンには固定金利と変動金利があるため、どちらを選ぶかによって金利は大きく変わってきます。

将来が不透明だと考えている人は、変動金利よりも固定金利を選ぶでしょう。

固定金利であれば、支払い額が確定しており、将来においても変動することはありません。

安心して、返済計画を立てることができるのです。

変動金利の場合、最初は安くなっていますが、5年後ぐらいから金利が上がるタイプがほとんどです。

将来においてサラリーマンの給料が上がっているだろうと想定して、返済計画を立てることになります。

会社が倒産したりして、収入が大きく減少した時に、返済計画は狂ってしまうことになります。

住宅ローンの金利を考えることは重要ですが、20年先を見越すことは困難です。

住宅ローンの借り換えはその時の見直し結果です。

適切に見直すことは、返済計画の中で考慮しておけばいいのです。

住宅ローンを組んでいる人は少なくありませんし、借り換えをすでにやっている人も多いでしょう。

ただ、金利については十分検討すべきでしょう。

関連記事
  • 変動金利の住宅ローン

    将来の金利変動が予想できない場合は変動金利ではなく固定金利で住宅ローンを組む方がいいと言われています。それでも変動金利の住宅ローンを選ぶ人は多いのはどうしてでし ...

    2017/05/29

    住宅ローン 借り換え

  • 住宅ローンの審査

    銀行では住宅ローンを組む時、借り換えを申し込む時に審査があります。審査によって希望する借り換えができるか決まるのです。自分の年収や年齢などちょっと心配になる人も ...

    2017/05/28

    住宅ローン 借り換え

  • JAの住宅ローン

    JAの住宅ローンは銀行と違って、各県のJAによってプランが異なっています。したがって、自分が利用しているJAで実際の金利などを確認する必要があります。また、地域 ...

    2017/05/26

    住宅ローン 借り換え