住宅ローンの注意

住宅ローン 延滞 相談

これから住宅ローンを考えている人は、その種類について理解しておくことが大切です。

毎月の支払いが滞って延滞状態にならないようにしなければなりません。

まずは銀行で相談することです。

延滞にならないためには返済計画をしっかり立てることです。

収入と支出、支払い金額のバランスを取らなければなりません。

収入に見合った住宅ローンでなければ、ちょっとした支出増で延滞をすることになるでしょう。

延滞してから銀行に相談するよりも、早めに相談することをおススメします。

住宅ローンの延滞は急にわかるわけではありません。

数年前から、いずれ延滞になるだろうと言うことは予想できますね。

しかし、ほとんどの人が延滞になるまで放置しています。

住宅ローンは短期間のローンではありません。

20年、30年のローンであることを忘れてはいけません。

その間には仕事や家族構成の変化など、様々なことがあります。

新たな出費も必要となることでしょう。

大げさに言えば、住宅ローンを考えることは人生を考えることになるのです。

金利についても考えておきましょう。

変動金利か固定金利かの違いがあります。

20年後の経済がどうなっているかを知っている人はいません。

変化に対応できるようにするためには、返済に余裕を持っておくことです。

少し負担が重くなっても、家計全体として吸収できるようにしておきましょう。

家族、または夫婦できちんと計画を立てましょう。

収入以上の贅沢をしてはいけません。

関連記事
  • 住宅ローンの借り換え

    経済が好景気となり、金利が下がってくると住宅ローンの金利も下がります。そこで住宅ローンの借り換えをする人が増えてくるのです。まずは銀行で相談してみることです。今 ...

    2017/07/28

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと経済

    住宅ローンと経済は密接に結びついています。国の経済指標の一つとして、住宅ローンの借り入れの増減があります。これは景気が良くなると住宅ローンを組んで住宅を購入する ...

    2017/07/27

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと弁護士

    住宅ローンの延滞で悩んでいる時には弁護士に相談するといいでしょう。もちろん、弁護士に相談した場合は、報酬を支払わなければなりません。それでも延滞で苦しむよりもい ...

    2017/07/25

    住宅ローン 延滞 相談