住宅ローンの審査

住宅ローン 借り換え

銀行では住宅ローンを組む時、借り換えを申し込む時に審査があります。

審査によって希望する借り換えができるか決まるのです。

自分の年収や年齢などちょっと心配になる人もいるでしょう。

銀行によっては、予想外の結果を受け取る人も少なくありません。

せっかくいい住宅物件を見つけたとしても、住宅ローンの借り入れ額が低くなってしまうと、購入自体をあきらめなければならないかもしれません。

それでは銀行はどのようなポイントを審査しているのでしょうか。

一番は年齢です。

申し込み時と返済完了時の年齢が見られます。

年齢からその時のおおよその年収がわかります。

返済完了時にすでに定年が過ぎているような人は、完済できない可能性が高くなるのです。

また、あまり若いと最初の数年間が厳しいと判断されるのです。

住宅ローンは長期にわたるローンですが、定年を迎える前に完済させるために、銀行から返済期間の短縮が条件づけられる可能性もあります。

それから、年収です。

これは返済負担率で判断されます。

年収に対する返済額の割合です。

もちろん、低い方が条件的に有利になります。

おおよその上限は40%程度と言われています。

つまり、年収の40%を住宅ローン返済に充てている人もいるのです。

それから、将来における安定した収入がなければローン返済が滞る可能性が固くなります。

会社での勤続年数、雇用状況などが判断材料となります。

住宅ローン以外の借り入れがないかどうかも、大きなポイントです。

できることなら完済しておく方がいいでしょう。

関連記事
  • 変動金利の住宅ローン

    将来の金利変動が予想できない場合は変動金利ではなく固定金利で住宅ローンを組む方がいいと言われています。それでも変動金利の住宅ローンを選ぶ人は多いのはどうしてでし ...

    2017/05/29

    住宅ローン 借り換え

  • JAの住宅ローン

    JAの住宅ローンは銀行と違って、各県のJAによってプランが異なっています。したがって、自分が利用しているJAで実際の金利などを確認する必要があります。また、地域 ...

    2017/05/26

    住宅ローン 借り換え

  • りそなの住宅ローン

    りそな銀行の住宅ローンです。借り換えを考えている人のために、りそな借り換えローンがあります。借り換えローンを利用するためには条件が設定されています。これから住宅 ...

    2017/05/25

    住宅ローン 借り換え