住宅ローンの審査基準【年収負担率】

住宅ローン 審査

「年収負担率」も住宅ローンの審査基準として挙げられる項目になります。

この「年収負担率」と言うのは、「年間に返済する額÷年収×100」で求められる割合の事を指しています。

年収500万円の人が年間100万円の返済をする場合、年収負担率は20%と言う事になります。

この割合によって金融機関が住宅ローンの貸付額を審査していくと言うい事になります。

この年収負担率は通常25~35%と設定している金融機関が多い様ですが、年収によってその割合は変わってきます。

例えば
・年収250万円未満の場合→年収負担率25%以下
・年収250~400万円の場合→年収負担率30%以下
・年収400万円以上の場合→年収負担率35%以下
と言う様に、年収が高くなるにつれて年収負担率も上がっている事が分かります。

但し、年間返済額は借入額を基準として計算しているのではなく、借入年数とおおよその金利(4%位)で計算されて算出されている様です。

こうした事を踏まえて、住宅ローンの借入額が決定されてくる様になるのですが、この年収負担率はあくまでも審査の上での計算になります。

実際には、ご自身の勤務状況、家族構成、年齢等、総合的に審査されて借入額が決まる様になります。

詳しい計算は省きますが、年収600万円、借入期間35年、金利4%で計算した場合、借りられる上限は大体3200万円前後と言う計算になる様です。

この様に、様々な審査基準が有りますので覚えておくと良いでしょう。

関連記事