住宅ローンの審査基準【債務状況】

住宅ローン 審査

「現在の債務状況」も住宅ローンの審査基準として挙げられる項目になります。

現在、多くの方がクレジットカードを持っていて、利用をしていると思います。

そのクレジットカードを作ったり、ショッピングで利用したり、キャッシングで利用したり、返済したり、滞納したりするとその記録は全て「個人信用情報」に登録される事になります。

これはどこのカードを作っても一括して管理されている情報になりますので、借金をごまかす事が出来ないと言う事になるのです。

住宅ローンの審査を依頼した場合、まずローン会社はこの個人信用情報を確認する事になります。

何社から借り入れをしているのか、総額いくら借り入れが有るのか、返済状況はどうか、きちんと毎月返済しているのか、滞納が過去に何度有るのかと言う情報が分かってしまうのです。

その為、住宅ローンを申し込む際、他に借入額が有るかどうかと言うのを記載する欄が有ると思います。

この時、つい低い借入額を書いてしまいがちですが、直ぐに分かってしまいますので正直に申し出する様にしておいた方が印象が良いと思います。

また、過去の滞納の情報は過去5年間ほど残っていると思われます。

滞納の状態によっては審査が通らなくなる可能性が高くなります。

ここで注意したいのが他社で借り入れが有る場合は審査が通らないのかと言う事です。

そんな事は有りませんが、他社からの借入額によっては住宅ローンの借入額が軽減されてしまう可能性が有りますので、住宅ローンの申請をする前は、出来るだけ他社の借り入れを返済しておいた方が良いでしょう。

また、不要な使っていないクレジットカードは解約しておいた方が良いと思いますよ。

関連記事