住宅ローンの審査基準【健康状態】

住宅ローン 審査

「健康状態」も住宅ローンの新s基準として挙げられる項目になります。

住宅ローンを申し込む際、最近では団体信用生命保険(団信)に加入する事が必須条件となっている場合が多くなっています。

これは、返済者が住宅ローン返済中に高度障害になって働けなくなった場合、もしくは死亡した場合に、返済者に代わって生命保険会社が保険金で残債を支払って住宅ローンを完済すると言う生命保険の商品になります。

これは生命保険になりますので、通常の生命保険と同じ様に、生命保険に加入できる健康状態かどうかと言うのが見極められるポイントとなるのです。

ですから住宅ローンの審査を通す前に、ご自身が生命保険に加入出来る健康状態かどうか判断をし、もしも不安な点が有る場合には相談をしてみると良いと思います。

また、糖尿病や高血圧の場合、こうした団信に加入できない可能性も有りますが、最近では加入条件が緩和されている団体信用生命保険を取り扱っている金融機関も有りますので、こうした所で住宅ローンを申し込むと言うのも1つの方法になります。

それでも団信に加入できない健康状態の場合、フラット35を利用すると団信に加入しなくても住宅ローンの借り入れが出来ますが、この場合は返済者が死亡、または高度障害になった場合は、遺族または保証人が返済を引き継ぐ形になりますので注意が必要です。

この様に、住宅ローンの審査には返済者の健康状態、結果的には返済能力が審査のポイントとなりますので覚えておくと良いでしょう。

関連記事