住宅ローンの審査について

住宅ローン 借り換え 比較

住宅ローンは、希望すれば誰もが融資を受けられるものではありません。

申込をした後、審査を通過しなければ借りることはできないのです。

これは新規で借りる場合だけではなく、借り換えの場合も同様です。

細かい条件などは、銀行によって異なります。

大体の目安として、勤続年数が3年以上で勤務先が安定しており、健康状態が良好という条件があります。

さらに銀行では、申込者の個人信用情報を調べます。

個人信用情報とは、クレジットカードを作成したり、お金を借り入れしたときに残る記録です。

万が一過去に延滞したことがある場合、5年程度はその記録が残ってしまいます。

そのため、住宅ローンを借り入れするときに審査が厳しくなってしまう可能性が出てきます。

そうした問題がなければ、年収と比較して5倍から6倍ほどの金額まで融資を受けることが可能です。

もちろん、これは他にローンがない場合の金額です。

自動車ローンなどの支払いが残っている場合は、あらかじめ返済しておいた方がいいでしょう。

希望する金額の融資が受けられない場合は、金額を減らします。

また、書類を記入する際にやってはいけないことは、他のローンの記入をわざとしないことです。

金融機関の借り入れのデータはすべてつながっていますので、たとえ記入しなかったとしても、調べればすぐに分かってしまいます。

偽った申告をすると印象が悪くなってしまうので、すべて正確に書くようにしましょう。

また、場合によってはクレジットカードのキャッシング枠も借入金としてカウントされることがあるので、不要なクレジットカードは借り換えを比較検討する前に解約しておいた方がいいかもしれません。

関連記事