住宅ローンの問題

住宅ローン 延滞 相談

住宅ローンの問題とはすなわち延滞のことです。

もちろん、わざと延滞をしているわけではなく、住宅ローンの支払いができなくなって延滞になっていると言うことです。

収入が予定よりも少なくなったとか、支出が増えたと言うことですから、根本的な解決をしない限り、問題はなくなりません。

まずは金融機関に相談することです。

もちろん、延滞が何か月も続いた後で相談してもだめでしょう。

延滞になる前に相談しなければなりません。

弁護士に相談している人もいますが、弁護士に相談した場合、そのための手数料も必要になりますし、住宅ローンを減らすためには売却しかないと言われるでしょう。

つまり、あなたの望む解決方法を提示できるわけではないのです。

誰でも住宅を購入するためにローンを組んだのです。

一度住み始めた家を手放したくないと思いますよね。

早めに金融機関に相談することで、手放さずに済む可能性もあります。

弁護士が提示できるのは、借金の整理ですから、根本的な解決にはならないでしょう。

自分自身が問題の本質を知らなければなりません。

つまり、延滞になった原因は何でしょうか。

また、早めに金融機関に相談しなかったのはどうしてでしょうか。

住宅ローンの延滞はいきなり始まるわけではありません。

1年以上前から、その予兆はわかっていたはずでしょう。

実際に住宅を売却する場合には、いろいろな方法があります。

その方法は弁護士などに相談すべきでしょう。

できるだけ借金を減らすことが肝心です。

関連記事
  • 住宅ローンの借り換え

    経済が好景気となり、金利が下がってくると住宅ローンの金利も下がります。そこで住宅ローンの借り換えをする人が増えてくるのです。まずは銀行で相談してみることです。今 ...

    2017/07/28

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと経済

    住宅ローンと経済は密接に結びついています。国の経済指標の一つとして、住宅ローンの借り入れの増減があります。これは景気が良くなると住宅ローンを組んで住宅を購入する ...

    2017/07/27

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと弁護士

    住宅ローンの延滞で悩んでいる時には弁護士に相談するといいでしょう。もちろん、弁護士に相談した場合は、報酬を支払わなければなりません。それでも延滞で苦しむよりもい ...

    2017/07/25

    住宅ローン 延滞 相談