住宅ローンの借り換えができないケース

住宅ローン 借り換え 比較

住宅ローンは、住宅金融公庫などへの公的ローンへは借り換えすることはできないようになっています。

民間の場合であっても、同じ金融機関内の別な住宅ローンに借り換えることはできません。

それらのような、そもそも借り換えが無理な場合でなくても、審査に通過することができなければ住宅ローンを借り換えることはできません。

審査に通過できなくなってしまう理由はいくつかあります。

まず職業が安定していない人です。

職を転々と変える人は、審査が通りにくくなります。

また、自動車ローンやその他のローンが残っている人も審査に悪影響を及ぼします。

もうひとつ注意して欲しいのが、クレジットカードの存在です。

クレジットカードの中には、キャッシング枠があるものがあります。

このキャッシング枠は、利用していなくても借り入れしているとみなされる場合があります。

たとえば、キャッシング枠が30万円のカードを3枚持っていたとします。

その場合、キャッシング利用をしていなくても90万円の借り入れがあるとみなされるのです。

そのため、利用していないクレジットカードは解約しておくといいでしょう。

そして当然のことですが、借り換えたところで以前と比較して元金が減るわけではありません。

軽減されるのは、利息や手数料などです。

そのため、借り換えまでに徐々に貯蓄をしておき、繰上返済を行うことが大きなポイントになります。

もし条件が整わず借り換えができないとしても、繰上返済ができれば、それまでと比較してだいぶ負担の軽減になるはずです。

関連記事