住宅ローンのメリット

住宅ローン 審査

家やマンションを購入する際、住宅ローンを組もうとする人が多いと思います。

住宅ローンを申し込む際には審査が有り、その審査を通った人がお金を借りる事が出来ますが、そのお金まで借りて住宅ローンを組むメリットは有るのでしょうか。

そこでここでは住宅ローンを組む事によって得られるメリットについて挙げてみたいと思います。

先ずは「お金が無くても直ぐに家を購入する事が出来る」と言うメリットです。

何かを買う時にはお金を貯めて現金で支払うと言う事をモットーにしている人も多いと思いますが、一戸建てやマンションの場合、高額な資金が必要な為、なかなか現金で一括購入すると言う事は難しいです。

またお金が貯まるまで待つと何十年先になるか分かりません。

それを住宅ローンを組んでお金を借りる事で、今直ぐに家を手に入れる事が出来ると言うメリットが得られるのです。

次に最近は住宅ローンを組む際、「団体信用生命保険に加入」する事が主流となってきています。

これにより、万が一借主が亡くなった場合に家の残債をその保険で賄えると言うメリットが出てきます。

更に、この時に残債が無くなった上にその住宅を将来売却した場合に得られる収入が期待できると言うメリットも出てきます。

この他にも投資用の住宅に住む事で、住宅ローンの借り方によっては収益を早く得られやすいと言うレバレッジ効果が期待出来ます。

この様に、住宅ローンを借りる事で得られる効果はかなり有ると言う事がお分かり頂けると思うのです。

関連記事