住宅ローンのポイント【繰り上げ返済】

住宅ローン 審査

「繰り上げ返済」をする事も視野に入れて住宅ローンの審査を申し込む金融機関を選ぶ事も大切です。

繰り上げ返済とは、毎月の返済額に上乗せして返済金を支払うと言う事です。

この繰り上げ返済分は元本が減る事になりますので、トータル的に利息が減りますし、更に返済期間も短くなる事が考えられます。

例えば毎月10万円返済していたとします。

更に毎月2万円を貯金しておき、ある程度貯まったらそのお金を返済すると言う事です。

変動金利と合わせて使う事でより効果的に返済していく事も可能です。

例えば固定金利で13万円返済していたとします。

変動金利に変える事で月々の返済額が10万円になったとします。

ここで月3万円の差が出る事になります。

家計としてはこの3万円を毎月繰り上げ返済する事で元本がどんどん減っていく事になります。

今までは利息として3万円払っていた所を、元本として払う事になるので、返済期間が短くなります。

この時の利点としては、最悪また固定金利に戻した時、月々の返済額が結果13万円になるので変わらないと言う事です。

ただし、繰り上げ返済をする際に手数料を取られたり、繰り上げ返済額は100万円以上からと言う制限が有ったりすると、繰り上げ返済をするメリットが少なくなりますので注意が必要です。

住宅ローンの審査を申し込む際には、繰り上げ返済に関する事も良く理解し、自分達にどの位メリットが有るのかと言う事をよく検討した上で申し込む様にすると良いでしょう。

関連記事