住宅ローンのポイント【固定金利と変動金利】

住宅ローン 審査

初めて住宅ローンを利用しようとした際、多くの方が固定金利と変動金利で悩まれると思います。

変動金利を使って利息をなるべく払いたくない、でも固定金利の方が将来的に安心かもと悩まれる場合が多いでしょう。

それによって審査内容にも影響が出る金融機関も有るかもしれませんが、もしも高額の住宅ローンを申請する際、初心者の方は安心をとってフラット35の様な固定金利の方が良いかもしれません。

固定金利は借りている全期間で金利が固定である住宅ローンです。

対して変動金利は金利がその都度変わる可能性が有る住宅ローンになります。

良い時には1%未満と言う様に低い金利の事も有りますが、世の中の状況から金利が上昇し、3%、5%と増える可能性が有ります。

いつ金利が上がるか分からないし、どの位上がるか分かりません。

その結果次第では月々の返済額が大きく増えてしまうなんて言う事も考えられます。

もちろん、固定金利から変動金利に、逆に変動金利から固定金利に借り換えも可能です。

最初の内は変動金利を利用し、金利が大幅に上昇する様な事態になったら固定金利に借り換えすると言うパターンが出来る訳です。

その時の状況次第でどちらにしたらいいのか考えてみると良いと思います。

借り換えをする際には元本自体もかなり減っている可能性が高いでしょうから、審査も比較的通りやすいのではないかと考えられます。

この様に住宅ローンを申請する際のポイントとして、どのタイプの金利を利用したらいいのかよく考えてみると言う事も有るのです。

関連記事