住宅ローンのポイント【共働き世帯】

住宅ローン 審査

通常、家族世帯で住宅ローンを組む際には、世帯主等代表者1人の名義で住宅ローンを組んでいるケースが多い様です。

しかし、共働き世帯で住宅を購入する際には、それなりの選択肢が増えてくる事になります。

例えば、夫婦2人でローンを組む、夫婦2人の収入を合算して代表者1人がローンを組む等、様々です。

例えば夫婦個別に住宅ローンを組むには「ペアローン」と言う住宅ローンが有ります。

個別に住宅ローンを組むので、元本がそれぞれ少なくて済むと言うのが特徴です。

審査もそれぞれの収入を審査して、どちらにどれ位のローンを組ませる等決めていきます。

住宅ローン控除が個別に適用される、団信は無料で入れる等、多くのメリットが期待出来ます。

しかし、片方が死亡した場合、通常は住宅ローンの残債は保険で無くなりますが、ペアローンの場合は個別に入っている為、残った方の残債はその後も支払わなくてはならないと言うデメリットが有ります。

更にここに手数料や契約を結ばなくてはならない為、面倒と言うデメリットも有ります。

万が一、離婚と言う事態になった場合、財産分与の面で面倒と言うデメリットも有ります。

その他に「収入合算」して組めるローンも有ります。

この時1人は債務者、1人は連帯保証人と言う事になりますので、どちらにも責任はつく様になります。

この様に各家庭の事情によって色々と住宅ローンの組み方は有りますので、住宅ローンを組む時にはこうした組み方も考えてみると良いでしょう。

関連記事