住宅ローンのデメリット

住宅ローン 審査

夢のマイホームの取得の実現化を早めてくれる住宅ローン。

借りる事で得られるメリットはたくさん有りますが、住宅ローンは借金をすると言う事ですので当然デメリットも出てきます。

審査が通る通らないと言うのも有りますが、審査を通す前にどの様なデメリットが有るのか把握しておくと良いでしょう。

先ずは「金利が変動する場合、返済額が増加する可能性が有る」と言うデメリットが有ります。

住宅ローンは高額の借り入れをしています。

いくら金利が低くてもその利子の総額はかなりの金額になります。

そこで住宅ローンを申し込む際、金利が低い所を選ぶ場合が多いと思いますが、その時の金利が低いからと言って変動金利で借りた場合、将来的に金利が上昇して返済額が増加してしまったと言う場合が考えられるのです。

そうなると月々の返済額も増加してしまいますので家計を圧迫してしまう結果になりかねません。

固定金利が良いか、変動金利が良いか、よく検討した上で借りなくてはいけないのです。

次に「万が一の場合に売れない」と言うデメリットが有ります。

もしも住宅を投資目的で購入しようとする場合、住宅ローンを組んで投資する人も少なくありません。

しかし蓋を開けてみたら思った様な金額で売れずに結果的に赤字になってしまうと言う結果になる事も考えられます。

また引っ越しを余儀なくされてしまい、せっかく買った住宅を手放さなくてはならなくなった場合も同様です。

こういう場合でも住宅ローンはきっちりと返済していかなくてはならない為、購入する際には今後の生活プラント合わせて住宅ローンを申し込む必要が出て来るのです。

関連記事