住宅ローンと経済

住宅ローン 延滞 相談

住宅ローンと経済は密接に結びついています。

国の経済指標の一つとして、住宅ローンの借り入れの増減があります。

これは景気が良くなると住宅ローンを組んで住宅を購入する人が増えるからです。

経済が順調に言っているかを見ることができるのです。

また、住宅ローンの延滞も指標の一つと考えられますが、正確な統計情報ではありませんから、延滞の実態は明確になっていません。

多くの人が延滞で相談をしていると言われていますが、相談窓口でも全体を把握しているわけではありません。

アメリカで問題となったサブプライムローンも住宅ローンの支払いができなくなって、延滞を繰り返している人が増えたために経済が厳しい局面となってしまいました。

ローンを組む必要のないお金持ちが住宅を購入しても経済に影響を与えません。

しかし、経済の不況が一般の人の収入に連動していますから、大きな問題となるのです。

特に住宅ローンは金額が大きく、長期にわたって返済が続きます。

払えないからと言って、すぐに借金を帳消しにできるわけでもなりのです。

住宅ローンの延滞が増えてくると、銀行としても経営に影響が出てきます。

日本全体でどれくらいの延滞があるのか、調べてみると面白いですね。

経済の隆盛と連動していることでしょう。

自分の住宅ローンを安定したものにするためには、返済計画に余裕を持たせておくことです。

そうすれば、経済の影響を受けにくくなります。

また、収入に見合った金額の住宅を取得することも重要ですね。

関連記事
  • 住宅ローンの借り換え

    経済が好景気となり、金利が下がってくると住宅ローンの金利も下がります。そこで住宅ローンの借り換えをする人が増えてくるのです。まずは銀行で相談してみることです。今 ...

    2017/07/28

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと弁護士

    住宅ローンの延滞で悩んでいる時には弁護士に相談するといいでしょう。もちろん、弁護士に相談した場合は、報酬を支払わなければなりません。それでも延滞で苦しむよりもい ...

    2017/07/25

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと銀行

    三井住友銀行の住宅ローンを紹介しましょう。基本的に銀行の住宅ローンはどこも大きな差はありませんが、少しずつ特長があります。まずは銀行に相談するといいでしょう。住 ...

    2017/07/24

    住宅ローン 延滞 相談