住宅ローンと弁護士

住宅ローン 延滞 相談

住宅ローンの延滞で悩んでいる時には弁護士に相談するといいでしょう。

もちろん、弁護士に相談した場合は、報酬を支払わなければなりません。

それでも延滞で苦しむよりもいいでしょう。

住宅ローンの延滞を処理する方法としてはいくつか考えられます。

自分で決めることは、住宅を手放す気があるかどうかです。

もちろん、家族のことを考えれば、そのまま同じ家に住むことが最善でしょう。

そのためにあなたができることを弁護士からアドバイスしてもらうのです。

住宅ローン自体は残りますから、毎月の返済は続きます。

しかし、延滞をしているのですから、返済額を減らす必要があります。

ローンの期間を変更するか、何らかの形でローン残高を減らさなければなりません。

専門の弁護士はいろいろなことを知っています。

あなたに最適な方法を見つけてくれることでしょう。

また、売却をする場合でもできるだけ高く売れる方法を提案してくれますね。

ただ、どこの弁護士に相談すればいいのかは悩みどころです。

これまで弁護士に相談したことなどない人がほとんどだからです。

住宅ローンの返済が難しくなった時には民事再生をすることができます。

民事再生のためにはいくつかの条件があります。

住宅ローンだけが延滞となっている場合には、適用が難しいかもしれません。

他の借金もある場合に、それを免除する方法となります。

自己破産では住宅を持つことができませんから、社会的にはかなりデメリットが大きいでしょう。

関連記事
  • 住宅ローンの借り換え

    経済が好景気となり、金利が下がってくると住宅ローンの金利も下がります。そこで住宅ローンの借り換えをする人が増えてくるのです。まずは銀行で相談してみることです。今 ...

    2017/07/28

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと経済

    住宅ローンと経済は密接に結びついています。国の経済指標の一つとして、住宅ローンの借り入れの増減があります。これは景気が良くなると住宅ローンを組んで住宅を購入する ...

    2017/07/27

    住宅ローン 延滞 相談

  • 住宅ローンと銀行

    三井住友銀行の住宅ローンを紹介しましょう。基本的に銀行の住宅ローンはどこも大きな差はありませんが、少しずつ特長があります。まずは銀行に相談するといいでしょう。住 ...

    2017/07/24

    住宅ローン 延滞 相談