一本化にした後行って欲しい事

カードローン 借り換え 審査 甘い

今複数のカードローンを利用している方、有る程度の額をそれぞれのカードローンで借りていると、月々の返済額が大変ですよね。

それを少しでも楽に出来ないかと審査をしておまとめローンに一本化する場合も有ると思います。

この時甘い考えでただ借り換えて1つにしてしまえば月々の返済額が楽になるから良いと思う人も多いですが、一本化のローンについては月々の返済額が変わっても債務額が減っている訳ではないと言う事を覚えておいて欲しいのです。

今まではA社の支払い1万円(元本+利息)、B社の支払い1万円(元本+利息)で月々2万円で2回返済だったのが、A+B社の支払い1万円(元本+利息)になり月々1回の支払いで済む様になります。

それ以降、それぞれ1年で返す予定だった物が、2年に返済期間が延び、月々の返済額はそれまでの半分となる事も有ります。

返済期間が延びても利息は法律に従って規定の利息が付きますのでトータル的に変わりません。

一本化にする為の審査に通って実際に支払いが始まった場合、1つの金融機関で借りていると言う事になりますので、心に余裕が出来たり、他のローンの審査が有利になったりして再度借りてしまう事態になる事も有ります。

こう言う考え方はとても甘いですので、出来ればおまとめローンで一本化で借り換えたら今まで使っていたカードローンの契約を解除する等して、今後は借りない様にしていった方が良いと思います。

そうしていく事で完済への道は近付いてくると思うのです。

関連記事