ノーローンでの増額続きその2

ノーローン 審査

そして、ノーローン以外にも関係していることですが、10年以内に債務整理をしていないことも条件になります。

この10年に、自己破産や任意整理などの債務整理をした場合、その記録は10年間、金融機関のリストに載ることになります。

ですから、10年のうちにそのような経緯がある方は、増額審査が下りるのは難しいと思われます。

以上のような条件をクリアしていれば、増額は可能になると思われますが、増額の幅が大きいと審査が苦しくなるかもしれません。

例えば、10万の人が200万に増やすなど、大幅な増額はやめておいたほうが無難です。

最初は、10万ほどあげるなど、必要最低限にしておきましょう。

最終的にかなり増額したい場合は、一度に増額せずに、徐々に行なうほうが審査に通りやすいです。

増額の記録がノーローンに残る期間は3カ月ということなので、増額申し込みのスタンスは短くても、3ヵ月は空けましょう。

それより短い期間で増額申請をして、何度も断られていると、お金に困っていると思われますので注意します。

それから、増額の審査を通りやすくするには、目的と、自分に返済能力があることを伝えるようにしましょう。

目的としては、資格取得にお金がいるとか、結婚式を挙げるとか、入院費にお金がかかるなど、正直に伝えます。

もちろん、うそはダメですから、お金が必要になる事情を正直に伝え、また、お給料が上がったなど、返済能力があることも、具体的に伝えるとよいでしょう。

関連記事